22 9月 14

個人・法人にかかわらず水の宅配は、近年ますますその需要を増しています。

私の勤めていた会社でも、ウォーターサーバーを設置し、定期的に水の宅配がくるようなシステムをとっていました。
ボトルで何本かストックの用意があるのですが、それでも夏の暑い盛りにはあっという間にそのボトルがなくなってしまうことがありました。

それもそのはず、始業前の僅かな時間を使って、みんなが列をなして水を補給していたからです。
そのくらい仕事をする人間にとって、仕事中の水分補給はとても重要なファクターとなっています。
純粋に喉を潤すという意味と、リラックスする気分転換の意味です。
こうした小休憩は仕事を効率的に進めるうえで、とても意味があります。

水の宅配は現在思ったほど高い価格ではなく利用できるようになってきていますので、企業はこうした社員のリフレッシュをはかるため、積極的に利用するべきだと私は思います。


Category: 水を運ぶのは意外と大変

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>